ビジュアル思考型プロフェッショナル3D-CAMソフトウェア

Provided by3DS

ブログ

シンプルなペンダントジュエリーの加工

この記事では、ペンダントジュエリーを作成する2つの方法を紹介します。一つ目の方法では、ペンダントは2軸および3軸ツールパス法の組み合わせを用いて、金属ストック上に直接機械加工を行います。
より大量生産するために、単一又は複数のキャビティ射出成形型板を機械加工することも可能です。
鋳型キャビティを使用して、「マスターワックスモデル」と呼ばれるものを製造することができます。二つ目の方法では、鋳造プロセスにてマスターワックスモデルを使用して、最終的なペンダントを製造します。動画版はこちら(英語版のみ)

ダイレクト2軸加工

下記は、プリズム形状からなるペンダントジュエリーを1つ製造するのに使用される2軸ツールパスです。プリズム形状は側壁が垂直であり、ポケットの床が水平となります。
勾配の側壁は、以下の例のようにテーパエンドミルを使用して、機械加工することもできます。 左側はペンダントと各ツールパスとなります。

操作手順(直接の加工)

1.最初の2軸輪郭加工では、0.3 mm x 5 Degテーパミルが使用されます。これにより、再荒加工を行う(加工されていない領域に達する)と、側壁の仕上げ作業の両方として機能させることができます。
2.最後の2軸輪郭加工では、自動的に配置された4つのタブが作成されます。これらは、機械加工中に部品をストックに固定するのに役立ちます。

プリズム形状2軸ペンダント、3Dパーツ、加工材:60 x 60 x 3

2軸面削加工、工具:3.175フラットミル、残し代:0、XYピッチ:25%、Zレベル:1

2軸ポケット加工、工具:1.0フラットミル、残し代:0、XYピッチ:25%、Zレベル:3

2軸輪郭加工、工具:0.3 x 5 degテーパーミル、残し代:0、Zレベル:1

2軸輪郭加工、工具:3.175フラットミル、残し代:0、Zレベル:2、ブリッジ設定:4(H:1 x L:4)

操作手順(型の加工)

1.3軸等高線荒加工では、ジオメトリを選択する必要はありません。
2.3軸の3Dオフセットポケット加工では、0.25インチx 2度のテーパーミルを使用して、各キャビティの輪郭を加工しています。

3軸ペンダントマルチキャビティブロック、加工材:4 x 2.5 x 0.875

3軸等高線荒加工、工具:1/16フラットミル、残し代:0.005、加工設定:オフセット、XYピッチ:25%、Zピッチ:20%

3軸平面仕上加工、工具:1/16フラットミル、残し代:0、加工設定:素材オフセット、XYピッチ:25%

3軸等高線再荒加工、工具:1/16ボールミル、ストック:0.002、加工設定:オフセット、XYピッチ:25%、Zピッチ:20%

3軸3Dオフセットポケット加工、工具:0.025 ×2Degテーパーミル、残し代:0、XYピッチ:0.005