ビジュアル思考型プロフェッショナル3D-CAMソフトウェア

Provided by3DS

ブログ

サーフェス指定について

サーフェス指定は、選択されたサーフェスの境界に関連し工具の位置を制御する、2017 MILLモジュールの新機能です。 隣接するサーフェスとの接線を維持しながら工具の位置決めが制御され、ガウジフリーのツールパスが保証されます。

画像の3軸放射線加工のツールパスのように、工具の位置は選択したサーフェスの外側の境界で維持されます。この機能では、エッジと接触点もサポートされており、隣接するサーフェスに影響を与えることなく、パーツの1つ以上のサーフェスだけを加工する必要がある場合に便利です。

なぜ重要なのか

サーフェス指定は、2017MILLモジュールの重要な新機能です。この機能を使用すると、1つまたは複数のサーフェスを非常に簡単に分離して加工することができ、同時に結果として得られるツールパスの境界条件を制御できます。 たとえば、部品の表面には、小さな工具や細かいステップでの追加の仕上げが必要な場合があります。この新しい機能により、これを非常に簡単に行うことができます。

使用方法

3軸の設定ダイアログの加工要素/領域タブ内に、新たにサーフェス指定という名前のタブが追加されました。 このタブから、指定範囲をエッジ上、エッジ、接触点から選択することが出来ます。選択することにより、工具は選択されたサーフェスの外周境界上に移動したり、接触点まで延長するようになります。

以下は、各条件(エッジ上、エッジ、接触点)の選択されたサーフェスの境界に対して、工具の中心がどのように設定されるかを表した例となります。また各条件において、工具は常に選択されたサーフェスに隣接するサーフェスに接したままとなります。